TOEIC 公式テスト

こんにちは。
TALKアカデミーの宮本です。

今週の土曜日、バギオでTOEICの公式テストがあります。
TALKにいるほとんどの日本人生徒が公式テストを受けます。

TALKTOEIC公式テストを申し込むことができます。申し込み締め切り日は、試験日の10日前となっています。

試験会場はクイサンプラザホテル(Cooyeesan HOTEL PLAZA)です。エントランスが2つあります。この写真のエントランスから入りましょう。
TALKからタクシーで約10分くらいです。


エントランスを入ると、正面に階段があるので試験教室まで上がります。2階が試験会場です。
エントランスにガードがいますので、丁寧にどこに行けばいいか教えてくれます。
壁にも案内が掲示されてますので、迷ったりする心配はありません。

試験教室の前で受付をして、朝8時からテストになります。
結果は次の週の木曜日にTALKに郵送されます。
ちなみに

バギオで受けるTOEICテストは今年中は旧形式です。

 

持ち物はパスポートと確認書です。

 

頑張ってー。


 

自己紹介

こんにちは。

TALKアカデミーの宮本です。

毎回バギオについて触れても退屈だと思いますので

今回は僕がテーマです。

 

 

写真に写っているのが僕です。この写真を撮るため、先週サンフェルナンドまでバスで二時間かけて行ってきました。

わざわざプロのカメラマンにお願いをして撮ってもらいました。

プロならもっとしっかり撮れと思ったのが正直の感想です。彼には二度とプロと名乗らないでほしいですね。

 

改めまして、TALKアカデミーで学生マネージャーをしています、宮本です。イングリッシュ名はブライアンです。

TALKアカデミーでは、イングリッシュ名は必須です。

TALKに留学する学生さんは自分で自分の

イングリッシュ名を考えてもらいますので、あらかじめ用意しておくといいでしょう。もし、どうしても思いつかない場合は僕が適当に付けますので心配しなくて大丈夫です。

 

僕はバギオに来て4か月が経ちました。バギオは涼しくて、住みやすい街です。勉強をするのにとても適しています。僕自身も週末は外に行きたい気持ちを抑え、勉強に励んでいます。ただ、生徒さんの中には週末、海に行ったり、ナイトクラブに行ったりする人もいます。一体彼らは何をしにここまで来ているのでしょうか。本来の目的を見失わないでもらいたいですね。クラブに行く場合は僕も誘ってー。

 

スヌーピーを英語で見るのが最近の趣味です。ストーリーも面白いし英語の勉強にもなるのでおススメです。

 

 僕の夢は、英語とスペイン語を習得して、世界一周を好きな人と一緒にすることです。それを叶えるためにTALKに来ました。

皆さんも自分の夢に向かって頑張ってください。TALKでの生活があなたの夢を叶える一歩になる事を願っています。

All I ask

こんにちは。

TALKアカデミーの宮本です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=oCtYekG1qBc

 

僕が最近よく聞いている曲の1つです。

フィリピンのバーでもよく聞きます。

 

ADELEがオリジナルを歌っていますが、BRUNO MARSが

歌っているほうを載せました。

理由は、僕の勝手です。

 

歌詞です。

I will leave my heart at the door
I won't say a word
They've all been said before, you know
So why don't we just play pretend
Like we're not scared of what is coming next
Or scared of having nothing left

Look, don't get me wrong
I know there is no tomorrow
All I ask is

If this is my last night with you
Hold me like I'm more than just a friend
Give me a memory I can use
Take me by the hand while we do what lovers do
It matters how this ends
'Cause what if I never love again?

I don't need your honesty
It's already in your eyes
And I'm sure my eyes, they speak for me
No one knows me like you do
And since you're the only one that matters
Tell me who do I run to?

Look, don't get me wrong
I know there is no tomorrow
All I ask is

If this is my last night with you
Hold me like I'm more than just a friend
Give me a memory I can use
Take me by the hand while we do what lovers do
It matters how this ends
'Cause what if I never love again?

Let this be our lesson in love
Let this be the way we remember us
I don't wanna be cruel or vicious
And I ain't asking for forgiveness
All I ask is

If this is my last night with you
Hold me like I'm more than just a friend
Give me a memory I can use
Take me by the hand while we do what lovers do
It matters how this ends
'Cause what if I never love again?

 

歌詞は自分で訳してください。

All I ask is if this is my last night with you
Hold me like I'm more than just a friend

Give me a memory I can use

僕の好きなところです。

最後とわかっていても、それでも抱きしめてほしいって

切ないですね。

 

男性が歌うと、女々しい気がしますけど

それはそれでいい。

食べるな!危険!! 

こんにちは。

TALKアカデミーの宮本です。

 

この前、DACANAYというTALKの一階にあるスーパーで紫色の卵を発見しました。

不思議に思って、何か聞くと、ゆでタマゴだそうです。 
しょっぱいらしいですが、普通に食べられるそうです。

今度生徒に食べてもらって感想を聞きます。

 同じ場所でセール品として割れた卵が売ってありました。

3つで約20円くらいです。誰が買うのと思っていましたが次の日にはほぼ売り切れていました。

さすがセール品。

僕も買えばよかったととても後悔をしています。

もし次、見かけてても絶対買いません。

これはシシグ(SISIG) 人気フィリピン料理の1つです。

 

シシグは細かく切った肉をニンニクなどと一緒に炒めたものです。脂っこくてしっかりした味付けなのでビールのお供にぴったりです。

生卵が上に載っています。

混ぜて食べましたが、なんともありませんでした。バギオのタマゴの神様ありがとう。

 

以前、オーストラリアで生卵をチキンラーメンの上に載せて

しんどい思いをしたことがあるので、卵には敏感なのです。

 

自分の身は自分で守りましょう。海外では、いろいろなことが起きます。それを受け止めてこそ本当の男と言えるでしょう。何かが起きたとしても決して誰かのせいにしたり、何かを責めてはいけません。それは人間がする最低の事だと僕は思います。

 

僕は決してチキンラーメン許さない。

Meanwhile in Australia 2

こんにちは。

TALKアカデミーの宮本です。

 

昨日に引き続き、Meanwhile in Australiaからです。

最近の僕のお気に入りの投稿を紹介します。

こんな息子に育てたい。

可愛いワンちゃん。

 

中国人馬鹿にしないで。

Life is too short to do the things that you dont want.

Id shut up my mouth.

別に食べたいとは思わない、、

 

英語の学習にだけではなく、オーストラリアの文化を知れる素晴らしいサイトだと思います。

ぜひFacebookでのフォローをお勧めします。

 

https://www.facebook.com/MeanwhileInAustralia/?fref=ts

Meanwhile in Australia

こんにちは。

TALKアカデミーの宮本です。

 

f:id:talkbaguio181:20170609093220p:plain

 

 

 

 

これらの画像は

Meanwhile in Australia という

私のお勧めするFacebook のページから紹介しています。

Meanwhile in Australia

このサイトを通して英語を学べることはもちろんですが、オーストラリアの

雰囲気も知ることができて私はとても好きです。

ぜひ、

一度見てみてください。

https://www.facebook.com/MeanwhileInAustralia/?fref=ts

流行りの一曲

こんにちは。

TALKアカデミーの宮本です。

バギオには電車がありません。そのためタクシーを使う機会が多いです。

タクシードライバーはかなりの確率でラジオを聞き、英語の歌がそこから聞こえてきます。

日本ではラジオを聞いても日本のニュースや日本の曲が多く流れますが、フィリピンではほぼ英語の曲が流れます。

最近流行りの曲をラジオを通して知ることができます。

今日はその流行りの1曲について触れたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=QpbQ4I3Eidg

 

 マシン・ガン・ケリー、 カミラ・カベロ

2人のシンガーのコラボによる曲です。

ラブソングです。

個人的にプレコーラスのこの部分が好きです。

I want you forever
Even when we're not together
Scars on my body so I can take you wherever

海外留学をして、一時的に遠距離恋愛をしている人も多いと思います。

この曲をパートナーと共有したりして、離れていても愛していることを伝えられたらいいですね。

 

ちなみにこの曲を歌っている、カミラ・カベロが

とてもかわいい。